FC2ブログ
2018.04.22 神代植物公園ふたたび♡ #2
昨日はお花の写真ばかり上げましたが、今日は木の写真を。^^

ハンカチの木、とはよく言ったものですねぇ。ひらひらと風に揺れてホントにかわいいんですよ~。
でも、「幽霊の木」「鳩の木」という名前もあるようです。いずれも英語名から来ているのですね。
ミズキ科とのこと、なるほどです~。
20180421_7.jpg

右手奥に見えているまっすぐな幹はメタセコイア。手前のせせらぎでは、大きなコイが飛び跳ねていました。
20180421_10.jpg

ユリノキ。…ってこんなに大きかったっけ???というぐらいどどーん!とでっかい一群。
と思ったのも、世田谷にユリノキ公園というのがあって、そこに植わっていたユリノキとは
まったく印象がちがうからなのです。
20180421_8a.jpg

葉っぱの大きさとかも、こんなじゃなかった気がする。
20180421_8b.jpg

フラワーエッセンスと深くかかわるようになってから、花や樹などの植物たち、月や星や光、風の音や鳥のさえずりなど、自然のものに惹かれることが多くなり、山や森に行きたい、と思うことが多くなりました。
20180421_9a.jpg
なので、ここは平地だけれど本当に心地よくて、何時間でも過ごしたい気分でした。子どもの頃、親に連れられて何度か来ていた場所に、こうしてまた通うことになるというのも不思議なめぐり合わせです。

精霊って、やっぱりいると思う。
20180421_9b.jpg

20180421_11.jpg

最後の最後、深大寺の山門前にあったこの木は、なんじゃもんじゃの木。
20180421_12.jpg
学名は Chionanthus retususといって、Chionanthus(チオナンサス)はギリシャ語のchion(雪)+anthos(花)が語源で、白い花のかたまりを雪にたとえたのだそうです。
参考:「季節の花 300」サイト内「なんじゃもんじゃの木」

ということで、とてもすてきな時間を過ごしました。年パス買って大正解だったと思う~。^^


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Secret

CURRENT MOON
moon phases