FC2ブログ
2011.10.15 千住大橋を見に行く
千住大橋を見に行くことになり、じゃあせっかくだからそのついでに…ってことで
例の『新装版 東京建築ガイドブック 明治 大正 昭和』を頼りに、建築散歩。

大橋眼科医院。現役のお医者さんです。現在の建物は1982年の再建。


旧NTT千住ビル。1929年竣工。設計は逓信省/山田守。
20110919_2a.jpg

反対側から見てみました。じつはこの斜め向かい(右手の手前)に、1926年頃に建てられたという
牛乳店があったのですが、現地では気づかず、確認しそびれました。ざんねん!
(Googleマップのストリートビューで見たら、これまた素敵な建物でした。。。)
20110919_2b.jpg

そのまままっすぐ日光街道を南下すると、念願の千住大橋がありました。1927年竣工。
清洲橋もうつくしかったけど、千住大橋もうつくしいですねぇ。
最初に架橋されたのは1594(文禄3)年で、隅田川に初めて架けられた橋なのだそうです。
20110919_3a.jpg

ここまで来たんだから、ついでに首切地蔵も見て行こう、ということで、行ってみたところが、
ななななんと、台座しかない…!!!
20110919_4b.jpg

これが元の姿(2008年12月7日)。
旧街道ウォークのグループで、古代東海道を歩いたときの写真です。
ホントやさしいお顔ですよねぇ。それが……
20081207jizou.jpg
もう少し近づいてみて、もっと驚きました。
左の下の方に、お地蔵さまの頭が見えています。
20110919_4a.jpg
3月11日の震災でずれて左腕が落下し、崩れると危ないからと解体したのだそうです。
現地では、震災直後の状況や解体工事の様子などが、写真入りのパネルで説明されています。

お寺の方にうかがったところ、区の文化財に指定されているために自由に直せない、にもかかわらず、
区はほんの一部しかお金を出してくれないため、一口500円の寄付を集めているとのことでした。
20110919_4c.jpg
区の予算の関係で、修復されるのは来年度になってしまうだろうということなので、しばらくは
この哀しい姿のままなようです(涙)。

気を取り直して、建築散歩のつづきです。
三ノ輪橋駅前にある梅沢写真会館(旧王電ビルディング)。1927年竣工。
20110919_5a.jpg

中も素敵なのですが、特に公開しているわけでもないので、
「見たい」という以外に用のない私たちは、これ以上は上がれず。
20110919_5b.jpg

三ノ輪橋のアーケード商店街(ジョイフル三ノ輪)。いいなぁ、この感じ。
20110919_6.jpg

そのまま夜歩きに突入。まぁいつものことですが、この日の夜風はかなり寒かったな…。
20110919_7.jpg

あやしいパンダと遭遇したのはこの晩です。(目がコワかったよぉ~)
20110919_8.jpg

土手の伊勢屋。1927年竣工。天ぷら、天丼のお店のようです。(写真がブレブレですみません。。。)
食べログで見たら、すごいボリュームで驚きました。私、この3分の1で充分です。A^^;
20110919_9.jpg
ってことで、川、橋、建物と、この日も盛りだくさんな1日でした。

あ~、楽しかった。

ごろごろ にゃーん ただいまー。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

CURRENT MOON
moon phases